▲クリックすると大きくなります。


レブンウスユキソウ

約300種類の高山植物が見られる、ここ礼文島。

北緯45度30分・東経141度4分。日本最北端の島です。

2万年前は大陸と陸続きで、氷河期終焉と共に海面が上昇、島になりました。この地には、その時からの高山植物の生育が続いているのと言われています。

本州では2,000m級、北海道内でも1,600m級の高山でしか見られない草花が、礼文島では海抜0mから標高400mの礼文岳まで咲き乱れる。。。
まさに、高山植物たちの『奇跡の花の浮島』です。

貴重で稀少な花を大切に観ていただくために。

花れぶんでは、専属ガイドによるスライドと
花の説明会を行っております。(無料)


レブンアツモリソウ
ぜひ、花の浮島・礼文島の花散策と、自然の景観めぐりをお楽しみ下さい。


レブンコザクラ
◆専属花ガイドによる
「礼文島の花のお話」

※お花の開花状況や当日の天候により中止させて頂く場合もございます。

花れぶん、2階ラウンジ花小径又は1階玄関ホールにて行っております。


ツリガネニンジン
朝の花巡り散策

※お花の開花状況や当日の天候により中止させて頂く場合もございます。

28人乗りマイクロバスにて、花れぶん・ホテル礼文、各館14名様の先着順です。
入館後のご予約になっております。
ルートは桃岩展望台です。


朝の花巡り散策の様子
礼文の稀少で貴重な自然を守るために、必ず配慮していただきたい注意事項があります。
また、礼文島の自然を満喫していただくために、必ず用意していただきたいもの
…そんな情報を、ガイドの皆さんが紹介して下さっています。
詳しい情報がたくさん紹介されていますので、ぜひ礼文島においでくださる際には、こちらのはなガイドクラブホームページもご覧下さい!

レブンシオガマ

〒097-1201 北海道礼文郡礼文町香深
Copyright(C) 2003 Hana rebun-HOTEL REBUN All Rigtes Reserved.